FC2ブログ
さぁ、戦争を始めよう・・・・・・・

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12


【ハピメア】応援バナー



では続きを~
以下ネタバレ
今度は適当にやってたら最初の方で世界が好きだーとかいいだして二人は言葉にその事を伝えようとしますがおれはー選択肢で結局いわないようにしました。
うでなんだが世界が去っていった?カンジになりこれはもしやと思ったら言葉ルートだよ(ウヒョー
世界はそれと別に生まれたときから一緒だった親友が転校する事わしり引篭もってしまいます。
文化祭では臨時の実行委員にもなったり展開が違います。
先のルートではHシーンは本番ありだったがこっちだと本番なしでしたorz
でもそれでもよいカンジだw
世界も引き篭りから復帰したりとトントン拍子でいろいろあったが話はクリスマスイブ。
言葉は親のコネで1泊40万(オイオイ)高級ホテルを予約して誠と結ばれようと計画を立ててます。
世界はいかないでほしいと思ってるが結局誠は行ってしまい世界は振られちゃったと言って涙し友人に一緒に過ごすかと慰めます。
ラストは誠と言葉がこれからーてとこでED・・・・・ってあれ?こにルート本番なし!?これ言葉のハッピールートだよね?なのになぜ!?結構Hシーンの画像雑誌に載ってたはずなのに先のルートの1回しかないですよ。要は3Pの奴やら壊れモードをやれつーことね(ぇ
多分この@は俺結構凹みますが頑張ります←気に入ったキャラ始めにやって他のキャラやってると可愛そうに思うから


さてさて次は上記の文化祭実行員になった時同じ委員だった世界の生まれたときからの友人刹那タンに突撃いたしました。
ちびっ子で可愛いです(マテ
上記のルートから分岐でいきました。
刹那はどうやら入学式の時に男子にからかわれてたところを助けてもらい世界が誠が好きになる前から好きになってたようです。
でも世界が誠の事が好きな事を知ってからは友人を応援していきます。いい子やな(ノД`)シクシク
席替えで本当は誠の隣だったのに世界に頼み込まれてクジを交換してしまいます。
しかし実行委員で一緒になってから二人は仲良くなっていきます。
世界はまだヒッキー。
転校前だから最後にと決意し文化祭で告白そして本番に(ぉ
選択肢で外出しがあったがあえて中に出しました(マテ
刹那は転校する事を誠に言って自分は忘れないが誠には自分との事を忘れてくれと言い世界を頼むといって去ります。
誠はその通りどうにか世界をヒッキーから戻します。
言葉とは文化祭以降すれ違い続き、なんとか話せるようになったが誠はいつのまにか世界に揺れてました(なぜ!?つか刹那じゃないのか!?
言葉は誠の家に押しかけ誘惑するが誠が自分はやはり世界がで、、、結局は本番なし。
言葉は世界を説得して誠のことを諦めたら自分のとこに戻ってきてくれ無理矢理約束します。
言葉は巧みに世界を惑わし自分と誠の↑の行為の画像を見せて脅します。その時の言葉さんの歪んだ顔最高です(ォィ
世界再びヒッキーに。
言葉は嬉しそうに誠に話すがマコちゃんは去ります

言葉「バカ・・・」

えー本当にバカです。お前が優柔不断でグダグダしてるからこゆなってるのによ!!
世界は誠に会いたくないと追い返します。
母親が帰ってきて外にまだ誠がいることを知り飛び出します。
でチョンチョンでED、、、、、ありゃ刹那ルートってないん!?
おかしいなと思ったらラストのエピローグでエアメールが届いてきました。もちろん送り主は刹那。それを読んだ誠は食ってたスイカを噴出!えっ何が書いてたんだ!?

20050428223833.jpg


ってデキテターーーーーーー

あーあの時中でだしたからか!?
最後の最後で驚かされたぜ!
その直後世界と一緒に家に来て誠の母親に「その娘は?」といわれて「妻です>ピース」と母子手帳も手にしながら言って終わりました。
えーとこれ

結局よくわからんよ!

くそーこんなカンジで裏切られるなんて、、、、なんておもろいんだ(ぉ
外だしだとどうなるんだ!?気になるから@でやってみます。

とりあえずこんなカンジです。
真面目な純愛ものだと思ったら大違いですのでご注意を!でもデレデレとする話よりはよいと思います(ぇ

追記
感想つか内容を長文にして書くとダメやな。どうしても駄文になってしますorz
次からはもう少し解りやすく書きます

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shige0819.blog1.fc2.com/tb.php/180-2463bc4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック